結婚式などにおすすめ!留袖はレンタルがベスト!【Clothes Student】
HOME>アーカイブ>結婚式などにおすすめ!留袖はレンタルがベスト!

着物の違い知ってる?

日本の伝統衣装である着物ですが、意外と知らないのが着物の種類です。結婚式や式典などで着物を着ける機会も出てくるかと思うので、この機会に着物の種類を知っておきましょう。

こんなにある!着物の種類

  • 黒紋付(くろもんつき)
  • 留袖(とめそで)
  • 訪問着(ほうもんぎ)
  • 付け下げ(つけさげ)
  • 訪問着(ほうもんぎ)
  • 付け下げ(つけさげ)
  • 色無地(いろむじ)

留袖って何?

女性たち

留袖は、着物の振り袖じゃない方……という感じで覚えていませんか?実は着物の種類もたくさんあり、留袖はその中でも格上の着物なのです。特に黒留袖は既婚女性の第一礼装になり、結婚式などで新郎新婦の両母親が着ているものが黒留袖になります。黒地に金や銀の糸で縁起物の鶴などの刺繍が施された上品な着物です。黒留袖の他には色留袖があり、黒留袖以外のものを色留袖と言います。ピンクやグリーンといった生地の着物で、未婚や既婚に関係なく女性が身に着けることができます。

留袖を着る機会

女性

現代では、着物を着ける機会も少ないですし留袖を身に着ける機会は限られています。ですから着物をレンタルする方が多いです。また、留袖を着るイベントも親族の結婚式や宮中参内、式典などの祝儀の時に着ることが多いですし、留袖は女性の第一礼装なので相手に失礼のない服装とされています。また、紋の数で色によって格式が変わりますので、結婚式などに着ていく時もどういった留袖を着ていった方が良いか確認しておきましょう。

レンタルを利用しよう

着物

留袖を着る機会で一番多いのは、結婚式ではないでしょうか。結婚式は、ドレスなどの洋装が多いですが、着物をピシッと着て参列するとドレスとは違い上品に映えますし、新郎新婦から喜ばれることもあります。レンタルであれば、購入するより安くで借りられますし、専門のお店だとしっかりと管理されているので綺麗な状態のものを着ることができます。また、自分で揃えると大変な肌襦袢や足袋などもフルセットで貸してくれるところも多いですから、留袖はレンタルするのが賢い方法ですよ。

広告募集中